HOME > 鯖街道

saba_map.jpg


近年、鯖街道という言葉がしきりに聞かれます。若狭湾で取れた鯖に、一塩して、
夜も寝ないで京都まで運ぶと、ちょうど良い味になっていた、とよく言われます。
この道は、単に鯖ばかりを運んだ道ではありません。街道沿いや、到着地の人々に
尋ねてみると、イカやカレイや、グジ(アマダイ)、その他、多種の海産物などが
運ばれています。いわゆる北前船から陸揚げされた物資も、盛んに輸送されました。 
鯖は、今と全く比較にならず沢山とれ、体形も大きく、ことさらに一般庶民に喜ばれ
待ち望まれたために、これを運ぶ道にさえ、いつしか鯖街道の名が付けられたものです。
いわば、鯖街道とは、その代表名に他なりません。古文献には見い出せないことから、
その命名は新しく、恐らく戦後に、文人たちが書き始めたのではないかと、考えられて
います。しかし、鯖街道の実質的な起源は、極めて古く、はるか千二百数十年昔の
奈良の都、平城宮の跡から発掘された木簡に、若狭から送られたタイの鮓を始め、
既に十種に近い魚介(貝)の名が見えています。また、塩を送った多数の荷札が
見出されており、鯖街道は、まさに塩の道でもありました。この荷札である木簡は、
さかのぼって、現在橿原市の藤原宮の跡からも出土しています。
さらに、ごく最近、奈良県明日香村の都の跡で、千三百年の以前に、若狭の三方
から送られた、タイの木簡が発掘されました。ますます古い歴史が、よみがえって
まいります。ところで、日本海と都を結ぶ鯖街道は、また政治の道、軍事の道、特に
文化の道でもありました。近年、よく用いられる裏日本という言葉は、暗く、うら寂れた
感じを伴い、日本海側地帯の特徴を表しているような錯覚さえも起こさせました。
しかし、調べてみると、この裏日本という用語は、わずか百年ばかりの歴史しかありません。
いうまでもなく、この日本海に面する一帯は、太古より、まさしく表日本であり、しかも
若狭地方はその正面玄関でもありました。小浜の名勝を代表する「そとも」も
「外面(そとも)」から取っており、漢字は時の国文学者に「蘇洞門」とつけていただいた
経緯があります。きっと、大陸文化の渡来も、久しく行われたことでありましょう。
また、鳥浜貝塚から、五千年以上も前に漂着したココヤシの実が、幾つも発見されて
いることや、室町時代に南蛮船が小浜へ象をもたらした史実など、遠く南方との交流を
も思わせます。さて、鯖街道とは、決して単に、小浜と京都を結ぶ一本の道のみを意味
しません。若狭湾岸の幾つかの地点から、多数の道が、京都へ、遠くは奈良へ飛鳥へ、
さらには丹波の篠山などへと通じていました。日本海の幸を送る通称鯖街道は、大陸
などの文化をも届け、また、都から幾多の文化を、この地方に招来しました。優れた
仏教美術の存在を始め、今も若狭には、雅の言葉が残るといわれ、都人の教えを
受けた詩歌や、多くの芸能の伝わることも、その証といえましょう。



つかこうへい 鯖街道より

さて鯖街道とは、その歴史を遡ること千二百年の昔、福井県は若狭湾小浜でとれた鯖を
京の街へと運ぶ職人たちがおりました。鯖の生き腐れの言葉どおり、鯖という魚は足が
つくのがたいへん早い魚で、彼らはとれたその日の内に一塩ふって出発し、峰の尾根道を
通って京へ運んでおりました。そして彼らの通った道のことを鯖街道申します。
福井の小浜から熊川を経て朽木谷に入り、京の大原から出町柳へ至る、徒歩でおおよそ
一昼夜の道のりです。港で一塩された鯖が鯖担ぎたちの背負った駕籠にゆられ、京都に
届く頃にはえも言われぬ芳醇な味わいをかもしだし、青ものを決して口になされぬ高貴な
お方でさえ、競って買い求められたといいます・赤い半纏に褌姿、駕籠にいっぱいの鯖を
背負い、京は三条六角通りを一斉にパアーと散る鯖担ぎたちの、
「鯖はいらんかねえ、鯖はいらんかねえ」
のかけ声はまるで春の到来を告げるかのように京の街に響き渡っておりました。
そして、一番の初荷を背負った鯖担ぎは『禁中御免』の鑑札を頂き、御所の中を自由に
出入りすることができたということです。特に冬の針畑峠の寒さと塩で身をひきしめられた
冬の鯖はまた格別に美味しく、あの天子様でさへ隠れてお口になさると、まことしやかに
囁かれておりました。しかし川が凍り木も凍てつく冬の峠越えには誰もが恐れをなし、
夏は百人からの列をなす鯖担ぎも、秋口には二十人ほど、冬場の担ぎ手は数えるほどに
なります。そして春になり雪がとけると、峠の道には鯖担ぎたちの屍が、
必ず二、三、見つけられたものでありました。それでも冬の過酷な峠越えは彼らの
なけなしの意地によって休むことなく続くのでした。その塩と針畑峠の寒さで身をキュッと
ひきしめられた冬の鯖はまた格別に美味しく、あの天子様でさへ隠れてお口になさると
いう噂さえあったそうです。